ゴミ拾いをする目的

我々の神田川ゴミ拾いは、今年で三年度目になりました。これまでのゴミ拾いで拾ったゴミの写真を並べてみます。

2020年2月8日
2021年3月28日
2021年11月13日

ゴミの量が減ってきているのが分かると思います。

ゴミを捨てないでと呼びかける看板

減った理由のひとつは、河川管理者が「不法投棄禁止」看板を設置してくれたからでしょう。今回のゴミ回収の際に、古びた看板を新しいものに交換してくれました。

右側の二枚の看板は、当会が作成した補足説明の看板です。こちらも更新しました。

ゴミ捨てが減ったもうひとつの理由は、我々がゴミ拾いをしているからでしょう。ゴミが落ちていない場所には捨てにくいものです。ゴミが落ちていないと気持ちが良いと気づいた人も多いでしょう。

ゴミを捨てる人は、捨てた後にそれがどうなるかを考えない人だと思います。誰も拾わなければ、流域の人たちに不快な思いをさせるだけでなく、やがて海に流れ込んで、海の環境を悪化させます。我々の活動が、そのことに気づいてもらうきっかけになればと思います。川にゴミを捨てる人を無くすこと、それが我々がゴミ拾いをしている究極の目的です。

神田川ゴミ拾い

小さなゴミも丹念に拾う

神田川上流部(夕やけ橋〜丸山橋)のゴミ拾いを実施しました。参加者は5名で、地上要員1名を除くと、川に入って実際にゴミを拾うのは4名だけになりました。それでも、捨てられているゴミがそれほど多くなかったので、2時間ほどで予定の作業を終わることができました。

丸山橋に到達。そこで折り返し、さらに細かいゴミも拾う

活動範囲の下流端、丸山橋に到達した時の写真です。陸上から写真を撮ったのは私です。陸上要員の任務は、溜まったゴミを引き上げて運ぶなど実働部隊のサポートをすることと、通る人に川の現状を説明して啓発すること、そして写真を撮ることです。写真は管理者に報告するために必要になるし、この記事のように、人々を啓発するためにも使えます。

拾ったゴミ。バッテリーやスケボーもあった

拾ったゴミは、親水広場の一角に分別して置いておき、後日、河川管理者の東京都北多摩南部建設事務所に回収してもらいます。今回落ちていた大きなゴミは、電動アシスト自転車用のバッテリーと、スケートボードでした。河川管理者が「不法投棄禁止」看板を設置してくれたお陰で、大きなものが捨てられることは減った気がします。

オオブタクサ最終(?)駆除

外来植物オオブタクサ(重点対策外来種)を、希少な在来水生植物が残る丸山橋(三鷹台)より上流から一掃しようと活動しています。6月の駆除で見逃した株が成長していたので、早く駆除したかったのですが、作業が可能な気温が低めで雨もない日が見つからず、しばらく川に入ることができませんでした。昨日岸から観察したら開花が始まっていたため、気温がやや下り、大雨から2日経っている今日、駆除に向かいました。

オオブタクサを抜き取る

川はヒメガマなど夏に茂っていた草が枯れ始めていて、すでに秋の気配でした。最近の降雨の影響で、水深が普段より10cmほど高く、護岸の梯子には、川底から1.5mの高さのところまで枯れた草がひっかかっていました。そこまで増水したということです。そのときの激流にも負けず、オオブタクサは島(洲)に残っていました。岸からは20数株に見えたのですが、実際には34株見つかりました。開花している株は、花粉が飛ばないように霧吹きをしてから抜き取り、すぐに袋に詰めました。

これで、この場所のオオブタクサは全部除去できたと思います。もしまだ残っていたら、再度除去するつもりです。しかしながら、過去に散布された種子の一部がまだ土の中に残っていて、来年以降に発芽してくる可能性があります。昨年も全部駆除したのに、今年もかなりたくさん芽生えました。油断して新たな種子散布を許してしまうと振り出しに戻ってしまうので、埋土種子がなくなるまで、来年以降も活動が必要です。

キショウブ駆除

キショウブ除去(6月19日)

6月19日から神田川のキショウブの駆除を始めました。種子や根茎は上流から下流へと流れていくので、駆除は上流側から進めます。井の頭池畔のキショウブ群落はすでに井の頭かいぼり隊が除去してくれています。我々は神田川の源流部、井の頭公園駅付近の二つの群落から始めました。川の縁に溜まった柔らかな泥に生えていたので、思っていたより簡単に抜き取れました。

キショウブの根茎

夕やけ橋近くの群落には、ハナショウブが混じっています。誰かが植えた園芸種ですが、繁殖力は強くなさそうなので、それは残します。しかし、その識別が簡単ではないことが分かりました。葉の特徴はとても似ています。以前花ガラを切除した痕と、根茎の違いでキショウブを識別しました。キショウブの根茎は太く長く伸びて地中を這っています。栄養がたっぷり蓄えられていそうです。多分それが、キショウブのすごい繁殖力の理由のひとつなのだと思います。

回収上限に達して終了(6月26日)

 

神田川の管理者である北多摩南部建設事務所(略称:北南建)は府中市にあるため、除草量が多くないと、ゴミ処理業者を派遣してくれません。我々が井の頭池の活動のついでに除草できる量では回収に来てくれないのです。そこで、地元自治体である三鷹市のゴミ対策課に相談したところ、縦割り行政の壁を超えて、少量なら家庭ゴミの回収時に回収してもらえることになりました。しかし逆に、その量には上限があるため、一度に除草できる量は限られます。市民ボランティアの良いところは、少しずつでも繰り返し活動できることで、外来植物の駆除ではとても大事なことです。気長に駆除を進めるつもりです。