神田川の活動再開

作業前のキショウブ

今日の活動のひとつとして、神田川のキショウブ除去の続きを実施しました。前回が7月24日だったので、じつに10週間ぶりの作業です。長い中断の理由は、今年の猛暑・酷暑でした。通気性のないウェーダー(胴長)を着て作業をする必要があるのですが、尋常でない暑さでは熱中症の危険があります。猛暑は9月も収まらず、10月になってようやく気温が少し下がったので、駆除を再開することにしました。それでも気温は28℃、身の危険は感じなかったものの、短時間の作業で汗だくになりました。三鷹市が回収してくれる量が限られていることもあって、残りは先送りとしました。

作業後

除去作業をしてみると、”侵略的”外来植物とされている理由がよく分かります。キショウブの根茎(地下茎)は長く地中を這い、互いに絡み合っています。そこから生える葉も密に茂ります。そのため、他の草が生えられなくなるのです。写真で草が除去されている場所は、何回もかけて作業した結果で、今日の分はその一部にすぎません。じつは、神田川上流部の希少水生植物が生えているエリアは、ここから下流です。そこにもキショウブがあちこちに定着していて、希少な植物の生育場所を侵略しつつあります。

繁殖力が強いキショウブも、地道に除去を続ければ減らせます。しかし、暑すぎて人間が作業ができない間に、キショウブは高気温を謳歌して増殖しています。気候温暖化は高温に強い外来植物の侵略を助けていることになります。

 

 

 

オオフサモ摘み取り

オオフサモ摘み取り(6月5日)

2月13日(水)に駆除を実施した特定外来生物オオフサモが復活してきたので、6月1日(土)と5日(水)の二回に分けて、摘み取りを実施しました。固定された丸石の隙間の泥に根茎が残っているため、完全駆除は困難です。そこから伸びてきたものを繰り返し摘み取り、衰退させる作戦です。じつは4月29日にも再生してきたのを摘み取っているので、三度目の除草です。発見が比較的早ければ、除草量は少しで済みます。

摘み取ったオオフサモ(6月5日)

2月13日と比べるとだいぶ楽な作業でしたが、もう少し早いと衰退させる効果がもっとあったかもしれません。ただ、夏は周りの草も茂るので、オオフサモが再生してきていないか調べるのは大変です。1ヶ月に一度ほど見まわり、再生していたら除草すれば、広がるのを抑えられると思います。

なお、オオフサモは特定外来生物なので、駆除したものを不用意に運ぶと、かえって他の場所に広げてしまう恐れがあるだけでなく、外来生物法違反で処罰される可能性もあります。許可を得た上で規則に則って適切に処分することが必要です。

 

神田川のキショウブ

鮮やかな黄色の花を咲かせる、キショウブというアヤメ科の植物をご存知でしょうか。ヨーロッパから西アジアが原産で、明治時代に園芸植物として日本に持ち込まれたそうです。あちこちに植えられているので、見たことがある人は多いと思います。しかし、それが「重点対策外来種」に指定されている侵略的な外来植物であることを理解している人はまだ少ないようです。

神田川に定着したキショウブの例(5月15日)

井の頭池と神田川を見れば、それが侵略的であることは疑いようがありません。井の頭池の一角と神田川の夕やけ橋近くの群落は人が植えたものですが、それより下流に分布しているものは、流下した種子や根茎から芽生えて定着したものです。源流部から丸山橋までを5月15日に調査したところ、花を咲かせている群落だけで11ヶ所ありました。まだ花を咲かせていない株も複数見つかりました。このまま放置すると、カワヂシャ、サジオモダカ、ミクリなどの希少水生植物が生えられる場所が減ってしまいそうです。

切除した花ガラ(種子が実る前の子房)(6月1日)

そこでキショウブの駆除に乗り出すことにしたのですが、河川管理者の了解は得られたものの、駆除したもの(毎回少量づつ)を引き取ってもらう方法が見つからなかったため、とりあえず、さらに分布が広がらないよう、11ヶ所を4回に分けて、種子が実る前に花ガラを切除することから始めました。写真はそのうちの1回のものです。

今後キショウブを処分する方法が見つかったら、キショウブ本体の駆除に乗り出すつもりです。(Toshi)

神田川の希少植物探し

除草作業
豪雨の中、ずぶ濡れで作業しました

4月24日に二回目の神田川での活動を実施しました。一回目の2月13日時点では識別不能だった、希少在来植物「カワヂシャ」と、特定外来生物「オオカワヂシャ」が識別ができるほど生長したからです。カワヂシャを見つけ、その生育を妨げているオオカワヂシャを少しでも多く除草するのが、この日のミッションです。河川管理者の北多摩南部建設所(北南建)が多忙で動けなかったため、作業は井の頭かんさつ会の7名だけで実施し、除草した草と拾ったゴミを翌日北南建に回収してもらうことになりました。

オオカワヂシャの中のカワヂシャ
カワヂシャはこのうち1株のみです

ところが、開始間もなく降り始めた雨がすぐに豪雨になったため、予定していた作業の一部しか実施できませんでした。それでも、事前の岸からの調査では3株しか見つかっていなかったカワヂシャを新たに7株見つけました。

また、2月13日にオオフサモを駆除した場所にオオフサモが再び芽生えてきていたので、除去しました。丸石の隙間にたまった泥の中に根や地下茎がどうしても残り、そこから再生するので、繰り返し摘み取る必要があります。その付近にはやはり希少植物であるミクリの仲間が生えているので、その生育可能エリアを狭めているオオカワヂシャの除草も行いました。ゴミも拾ったので、作業をしたエリアは在来植物にとってだけでなく、岸辺から眺める人々にとっても、気持ちの良い川になったと思います。

その後も岸などからカワヂシャを探したところ、夕やけ橋から三鷹台の京王線鉄橋までの間で、さらに9株のカワヂシャが見つかっています。たったの計19株では、川を覆いつくしているオオカワヂシャに対してじつに心許ない数ですが、今後もオオカワヂシャの防除を続ければ、復活の可能性はあると思っています。

 

 

池と川のつながり

堰の横壁を登るエビ

暖かかった今夜、スジエビやシナヌマエビが水門橋の堰をよじ登っているのが見られました。この堰より上流が井の頭池で、下流が神田川です。エビたちは川から池へ遡上しているのです。たとえばスジエビは、メスがお腹に抱えていた卵を放出するとき孵化します。孵化したばかりの幼生は浮遊するプランクトンなので、そのうちのかなりの割合が井の頭池から神田川に流下するはずです。そして川で成長したものが、ふたたび井の頭池へと遡上してくるのでしょう。

しかし、神田川にはこの堰だけでなく、夕やけ橋の下流には落差1mほどの滝(落差工)があり、もっと下流にも遡上の障害になる地形があります。本当にそのような障害を乗り越えられるのでしょうか。どれぐらいの数のスジエビが遡上してくるのか調べるため、昨年の7月の夕方、水門橋の上流側に張り網を下流側へ向けて設置しました。翌朝の活動時にチェックしたら、753匹ものスジエビが入っていました。張り網の周囲には隙間があるので、くぐり抜けて上流へ向かったものや、上流から来て網に入ったものがいる可能性もありますが、たくさんのスジエビが遡上してきていることが分かりました。我々が想像していなかった数ですが、写真のような光景を目撃すると頷けます。

井の頭池と神田川を行き来するのはスジエビだけではありません。クロダハゼも堰をよじ登っているのを見かけるし、時々池で見つかるモクズガニやウナギも、それらの生態からすると、神田川から遡上してきているはずです。かいぼり後に池で見られるようになったオイカワも、神田川で見かけるようになった数年後に池で見つかったので、流れ落ちる水を泳ぎ切って遡上したのだと思います。望ましくないほうでは、外来種のシナヌマエビやアメリカザリガニ、ミシシッピアカミミガメなども遡上して、あるいは陸上を歩いて池にやってきます。しかし、いちばん来てほしくないオオクチバスとブルーギルは、滝や堰に阻まれて遡上してこれないようで、だからこそ、かいぼりをする意味があるのです。

神田川のオオフサモ駆除

1月25日の記事に書いた、神田川の特定外来植物オオフサモの駆除を実施しました。参加者は河川管理者の東京都北多摩南部建設事務所の職員2名、受託業者の作業員4名、亜大富士山クラブ3名、そして井の頭かんさつ会7名です。

オオフサモの駆除は重労働でした

生えている場所がまだ少ないので、これだけの人数がいれば楽勝だと思っていたのですが、作業を始めてすぐに、想像よりはるかに大変な作業だと分かりました。オオフサモは三面護岸の川の縁に堆積した土に生えているのですが、土の中に根と地下茎をびっしり張り巡らせているため、土ごと剥ぎ取らないと駆除できないのです。かなりの力仕事になりました。しかも茎はプチプチ切れやすく、断片ができて下流へと流れていきます。下流で根付くといけないので、作業場所の下流側に網を設置して、流れてくる断片を受け止めました。

土の中に潜り込んでいたザリガニ

皆がもうひとつ驚いたのが、広いとは言えないその土の中から、107匹ものアメリカザリガニが見つかったことです。放っておけば、井の頭池へ遡上するものもいることでしょう。学生たちは、丸石の間に残っていたオオフサモの断片とザリガニを丹念に探してくれました。

駆除したオオフサモ(午前の分)

昼食休憩を除く実質3時間で、予定の作業を完了できました。川に落ちていた空き缶、空き瓶、プラスチックなどのゴミもかなりの範囲で拾いました。除草したオオフサモの量は、私が思っていた量の3~4倍もありました。

オオフサモ駆除後

管理者の素早い対応、業者作業員のプロらしい仕事ぶり、学生たちの若いパワー、そして当会メンバーの経験がうまく噛み合った活動でした。オオフサモの繁殖力の凄さを実感して、手が付けられないほど広がる前に発見し駆除できて本当に良かったと思います。

神田川には、やはり特定外来生物に指定されているオオカワヂシャが以前から繁茂しています。芽生えて間もなく、在来希少種のカワヂシャとの識別が困難なため、今回は駆除しませんでした。もう少し生長して識別できるようになったら駆除を実施したいと考えています。ゴミをまだ拾えていない場所も残っています。神田川上流部を良くする活動は今後も続きます。(Toshi)

神田川の特定外来生物

12月19日のオオフサモ

井の頭池から流れ下る神田川に、外来生物法で「特定外来生物」に指定されている水草オオフサモが広がり始めていることに、12月に気づきました。神田川上流部には井の頭池や玉川上水とは違う面白い生態系があるので、しばしば自然観察をしていた場所なのですが、今年は酷暑でほとんど見に行かなかったため、気づくのが遅れました。特定外来生物に指定されている植物は繁殖力がとても強く、増えた時の被害も甚大です。まだ分布が小さいうちに駆除すべきです。

神田川に関わりのある知人に教えてもらい、管理者である北多摩南部建設事務所(略称:北南建)に連絡しました。「井の頭公園で外来植物の駆除活動をしている我々もできることは手伝いますので、駆除しましょう」とです。反応は期待以上に速く、業者との契約が済んだら、(我々の)アドバイスをもらって駆除します、と言ってもらえました。そして今日、駆除作業の実施日が決りました。参加予定者は、北南建の職員、業者の作業員、当会メンバー、そして亜大富士山クラブの学生さんたちです。

三度のかいぼりの結果、井の頭池の水がきれいになり、神田川にも澄み切った水が流れるようになりました。それなのに、川には空き缶やビニールなどのゴミがかなり落ちています。人手に余裕がありそうなので、オオフサモの駆除の邪魔にならなければ、ゴミ拾いもして、気持ちの良い川にしたいです。

じつは、神田川には以前から、やはり特定外来生物に指定されているオオカワヂシャが繁茂しているのですが、有効な対策は取られて来なかったようです。たぶんそのせいで、10年近く前までは確かにあった在来種カワヂシャを見かけなくなってしまいました。まだ生き残っている場所があるという話もあるので、オオカワヂシャの駆除とカワヂシャの保護もやりたいです。今後は、他の団体とも協力して、できるだけ多くの人の手で神田川を良くしていければと思っています。(Toshi)

連係プレー

ワナを川で洗って撤収

ひょうたん池に常設していたザリガニワナ、二種類計9基を12月8日(土)の保全活動時にすべて撤収しました。今年度の池の活動は終了で、再びワナを設置するのは、来年度4月になってからの予定です。

井の頭かんさつ会がザリガニワナを設置しているのは井の頭池の一角、ひょうたん池です。その小さな池に今年度は最大10基のワナを設置し、計574匹のアメリカザリガニを駆除しました。下表はこれまでの捕獲数です。

ザリガニ捕獲数
年度 捕獲数(匹) 備考
2018 574 前年度冬に
かいぼり29
2017 4,682
2016 3,052 前年度冬に
かいぼり27
2015 3,021
2014 5,280 前年度冬に
かいぼり25
2013 13 ワナ常設せず

ザリガニが多いときほどワナを増やして捕獲を頑張るので、この捕獲結果が池での生息数に比例しているわけでは必ずしもありませんが、今年度は前年度以前よりザリガニが大幅に減ったのは確実です。

井の頭池の他のエリアでは、井の頭かいぼり隊が今年は200基ほどのワナを設置してザリガニ駆除をしています。協議会での報告によると、今年度は当会が捕獲した数の約6.4倍のザリガニを捕獲したそうです。捕獲総数では敵いませんが、我々の捕獲数はワナの数の割には多いと思います。水深が浅いひょうたん池はザリガニが好む環境である上に、我々がワナをほぼ毎日チェックしているからでしょう。ワナの入り口は入りやすく出にくい形状ですが、脱出するものもいるのです。

今年度ザリガニが減ったのは井の頭かいぼり隊と井の頭かんさつ会がザリガニ駆除を頑張ったから、と言いたいところですが、それだけでは、今年急に減った理由の説明にはなりません。私は、池に増えた在来生物の活躍も大きいと考えています。かいぼり後にはザリガニが増えるのが常ですが、在来の小魚も増えます。そしてそれらを餌にするカイツブリが何組もやってきて子育てをし、多くのヒナを誕生させました。2016年度の冬にはじつに多くの稚ザリガニがいたのですが、2017年度にはカイツブリたちがせっせと小さなザリガニを食べました。私が観察した時は、捕ってくる生き物の半分以上が小さなザリガニでした。ナマズやハゼ類、そしてたぶんギンブナも、親から離れて間もない稚ザリガニをよく食べます。春にはたくさん獲れたザリガニでしたが、夏ごろにはあまり獲れなくなりました。そして、かいぼり29後の2018年度もザリガニはあまり増えなかったのです。つまり、稚ザリガニを在来魚たちが、小さなザリガニをカイツブリが、そして大きなザリガニを人間がせっせと駆除した結果、井の頭池のザリガニが激減した、というのが私の説です。

生き物たちと人間との連係プレーはとても有効です。でも、もしそのうちのどれかがザリガニを獲るのをやめたら、ザリガニは再び数を回復するでしょう。(Toshi)

小魚がいっぱい

皆が見ているのは、下の写真のように、橋の下に小魚が密集しているからです。(下の写真は光の具合が良い別の日に撮りました。) 何が集まっているのかは、こちらの水中映像を観てください。ギンブナの若魚(今年生まれ)とモツゴです。スジエビも映っていますね。

かいぼりの結果、在来種の小魚がとても増えました。池で活動している我々はよく知っているのですが、何しろ水中のこと、岸から見るだけの来園者には分かってもらえませんでした。でも、この小魚の大群は橋からよく見えるので、かいぼりの効果を実感してもらえます。

でも、小魚を見るとすぐに「メダカだ!」と言う人が多いのにはちょっと・・・

 

 

モツゴの産卵

【お知らせ】この記事は、旧活動ブログに載せた記事です。2014年4月23日までの記事はその井の頭かんさつ会活動ブログにあります。(2019年1月28日)

12日にモツゴを放した増殖いけすで、16日にはさっそく産卵が確認されました。その後も順調に産卵が続き、23日現在、3つの産卵床(調味料入れ、歯ブラシ立て、素焼きの植木鉢)に卵があります。

モツゴの卵

右の写真は、最初に産卵が始まった調味料入れです。つり下げられて下になった部分にびっしりと卵が産み付けられています。モツゴはなぜかこの容器が好きなようで、昨年最初に産卵したのもこの容器でした。

 

卵を守るオス

モツゴのオスは卵を懸命に守ります。他の魚などに食べられないよう守るだけでなく、卵が汚れて発生や孵化の障害にならないように常に掃除を怠りません。そのようすを撮影した映像から切り出した一枚が右の写真です。

 

発眼した卵

卵は順調に発生を続けているようで、眼ができている卵がかなりありました。孵化した仔魚が成魚に食べられてしまわないように、産卵床を網目の細かい仔魚いけすに移し、そこで孵化させます。親魚を一緒に引っ越しさせるのは難しいので、親の保護がなくなりますが、卵が発眼していれば問題なく孵化します。後に産み付けられた卵は発眼していませんが、卵が汚れなければ大丈夫だと昨年の経験で分かりました。