今年度2回目のオオブタクサ駆除

とても巨大になるオオブタクサが繁茂すると、景観上問題なだけでなく、大量の花粉を風で飛ばすので花粉症の原因にもなります。他の植物が生えられる場所を占有してしまうので、在来の生態系を守るためにも駆除すべき外来植物です。当会では、活動範囲である神田川の丸山橋(三鷹台駅)より上流のオオブタクサを根絶すべく、3年ほど前から駆除活動をしています。

ヒメガマの間を進む

今日は、6月2日に続き、今年度2回目の駆除を実施しました。今の季節、川にはミクリの仲間やヒメガマ、マコモなど背の高い草が茂り、歩ける場所は限られています。その細い水路を進んでいくと、葉に止まっていた多数のハグロトンボが次々に飛び立ち、我々の周りをひらひらと舞うので、秘境を進むような感覚がありました。

駆除したオオブタクサほか

目的の島(洲)もイネ科ほかの草に覆われているため、その下にあるまだ小さなオオブタクサまで見つけて抜き取るのは、ちょっと大変でした。結局、丸山橋に近い三つの島で計62本のオオブタクサを駆除しました。ちなみに、前回6月2日は108本でした。昨年はかなり頑張って駆除を繰り返し、結実を阻止したので、今年生えてきたものは一昨年以前に落ちて土中で眠っていた種子から芽生えたものです。おそらくまだ見逃しがあり、それが結実し種子を落とすと元に戻ってしまうので、結実の時期までにもう一度は駆除を繰り返す必要があるかもしれません。新たな種子散布を阻止できたとしても、埋土種子がほぼなくなるには、おそらく数年はかかると思います。

オオフサモ発見

途中、特定外来生物のオオフサモを1本だけ見つけました。駆除と監視を続けた結果、今ではほぼ無くなったのですが、茎や地下茎の一片でも残すと再生するので、根絶はいまだにできていません。他の水生植物が茂っている季節は発見が困難ですが、それ以外の季節なら、岸から観察すれば見つけられます。侵略的外来植物の駆除は見つけたらすぐ始めるのが効率的かつ経済的です。丸山橋より上流のオオブタクサは、発見はもっと早かったのですが、我々が川に入って駆除活動をできるようになったのはほんの3年ほど前なので、今も駆除に手がかかっています。特定外来生物のオオカワヂシャは、我々が16年以上前に知った時はすでに広い範囲に蔓延していたので、根絶は絶望的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です