宣言下の全体活動

4月24日以降は全体活動を休止して、少人数での随時活動をしてきましたが、植物がどんどん成長する時期で、保護エリアの世話がとても間に合わないため、今日は、井の頭自然の会にも呼びかけて、久しぶりの全体活動を実施しました。今も緊急事態宣言中ですが、活動場所の百年森とミズタマソウ保護エリアは広いので、コロナ感染防止上必要とされている注意点を守れば、リスクは十分低いと判断しました。参加者は計7名、多すぎず少なすぎずの、ちょうど良い人数だったと思います。

除草作業中

おもな活動内容は、増えすぎて他の植物が育つのを邪魔してしまう在来植物(カナムグラ、アシボソ、ヤブミョウガなど)の間引きです。まだ残っている侵略的外来植物(トキワツユクサほか)の駆除もしました。最初の年(2019年度)と比べると大幅に減りましたが、侵略的と言われる外来植物はさすがにしぶとく、終わりはなかなか見えません。おそらく、終わりはないのだと思います。駆除を続けていればさすがに数が減るので、それぞれの植物の生存戦略を観察・理解し、対抗策を考えながら、楽しんで付き合っていくのが良いのだと思います。

間引いた在来植物はその場で腐らせ、土に還す

選択的除草では、作業後もスッキリした景色にはなりません。でも、今日やりたいと思っていたことはとりあえずできたので、気持ちの上ではスッキリしました。参加者の皆さん、お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です